スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

贈る言葉 

【MMORPGを100倍楽しむTips】

今日からいよいよ4月、新年度の始まりです。
この春から、めでたく新社会人となられる方も多いと思います。

そういった方達に対しては、とりあえず
一応「おめでとう」と言っておきましょうか。



そして、改めて

社会人生活とMMORPGという、過酷な二足のわらじの世界へようこそ。


このブログを読んでいる方達の中には、社会人としてデビューした後も
社会人生活とMMORPGを両立できるだろうか?と不安に思っている方も
いるのではないでしょうか。

気合と根性だけでも、ある程度は何とかなるかもしれませんが
やはり、人間の体力には限界があるものです。
(そうまでしてMMOと両立しようとするあなたの人間性は置いておいて)



自分の限界を知らずに酒を飲むと、急性アルコール中毒で人は倒れます。
同様に、今まで社会人として労働したことがなかった人が無茶をすれば
倒れるのは道理ではないでしょうか。

今回は、そんな新社会人に向けて、「贈る言葉」です。


■期待と不安と情熱
新社会人となる皆様、これから迎える社会人生活に対して
さぞ期待と不安、そして情熱が心の中に渦巻いている事と思います。
厳しい先輩、嫌な上司、気の置けない同僚、まるでドラマの中のような
社会人ライフがあなたを待っているかもしれません。

今回のテーマである「社会人生活」と「MMORPG」の両立についてですが
まずはっきりさせておきたいのは、社会人である以上
ゲームよりも仕事を優先させるのが当然だという事です。
(というか、こんな事はわざわざ言うまでもありませんね。)

しかし、新社会人としてデビューしたばかりでは、そういった心構えを
理屈では理解していても、中々行動では示せないものです。

例えば、自分のプレイしているMMORPGに
期間限定で「経験地2倍イベント」があったとしましょう。
しかも、その期間が平日に跨っているではありませんか。
そして、あなたには有休がまだ10日も残っています。

こんなケースの時、迷わず会社に有休休暇を申請するような輩は
どう見ても「社会人失格」だと思います。
絶対に真似をしてはいけません。
(本当に酷いですね、信じられませんね、私の事じゃありませんよ?)


しかし一方で、仕事の充実を計ろうとするあまり
MMORPG自体を禁止してしまう人もおり、実はこれも良くありません。
人間の体力が有限であるように、精神力もまた有限なのです。
人間、どこかでガス抜きをしなくては、絶対にもちません


これは、世の中すべての事に言える事ですが
何事も、適度に行う事が理想なのです。



■悪性のパッション
近年、我が国では勤続年数では無く「スキル」で
社員を評価する企業が多くなってきました。
すべてのキーポイントはスキルが握っていると言っても
過言では無いでしょう。
しかし、駆け出し期には充分なスキルがなく、スキルを売りにするには
2~3年の期間が必要になります。
それを苦にして、スキルではなく「業務への従属性
をアピールする行動に出る新人がいます。

この行動にはエネルギーが必要で、そのエネルギーを
悪性のパッションが支えています。
初期に、これを始めてしまうと、会社の歯車としての印象が定着し
早くも社会人としての方向性が決まってしまいます。
当然、こうなってしまっては仕事とMMORPGを
両立するどころではありません。

この「従属性のアピール」は、社会人にとっての「風邪」
すなわち、「万病の元」です。

これを踏み台に、「残業への従属」「休日出勤への従属」
「睡眠不足の了承」「勉強時間の不足」「便利屋として定着」といった
重病へと発展していくのです。

これについては諸意見あると思いますが、新人はその立場を利用して
さっさと家に帰るくらいのフテブテしさが必要ではないでしょうか。
残業と聞いて、喜び勇んで会社に残るなんていうのは
労働者として異常だと思います。

普通は8時間労働したら帰りたいものです。
本来、ヘドが出る残業を、喜んで迎えるのは
その人に悪性のパッションがあるからです。
就職して、ただでさえ環境が急変しているのに
無茶な残業を繰り返していては、すぐに体と心に変調をきたしてしまいます。


■安心した頃に
そして、仕事に慣れてきたあたりで新人を襲う
「心の病」の存在も忘れてはなりません。
極限まで膨れあがった期待と情熱が、社会人としての淡々とした
生活リズムとの間で空回りを起こすようになり
感情が一気に醒めてしまう現象です。

まあ、一般的には「五月病」と言われていますが。

期待と情熱の比重が大きければ大きいほど、深刻なリバウンドを起こし
たいていの人は仕事を辞めてしまいます。
この現象は、程度の差こそあれ
何らかの形で全員に襲い来るものです。

このように、学生時代に作られたパッションは
決して社会人生活の「支え」にはなりません。
学生時代に作ったパッションは捨て
新たに社会人の「モチベーション」として作り直し
心・技・体をバランスの良い状態に持っていくよう心がけてください。


■距離感を大切に
社会で生きていくためには、まず会社で「生き残る」必要があります。
生き残りを決める審査は、会社の営業日であれば常に行われていますが
新人にとっては、実は余り脅威ではありません。

それよりも、「五月病」などの感情のブレで
自分から辞めていってしまわないよう注意しなければなりません。
つまり、会社の能力審査より、自分の精神のほうが
当面の敵だということです。

時に、上司やクライアントから理不尽な要求を突き付けられたりすると
打たれ弱い新人なんかは、すぐに
「なぜ自分ばかり、こんな目に」と
まるで、この世の終わりでもあるかのように絶望しますが
世の中みんな、嫌な上司やクライアントと日々戦っているものです。
ツライ目にあっているのは、あなただけでは無いのです。

そもそも、世の中には、愚痴を誰かに聞いてほしくても
聞いてもらえない、そんな孤独な人たちが大勢います。
その点を考えると、例えネット越しとは言え
MMORPGに仲間がいるあなたは、彼らに比べてずっと幸福なのです。
人間、顔を知らない相手だからこそ、話せる本音もあるでしょう。
ある意味では、誰かに愚痴を聞いてもらうという部分においてのみ
同僚の新人達よりも、既にアドバンテージがあるとも言えます。
どうせなら、そのアドバンテージを存分に生かしてください。

そして、一人の独立した「大人」として収入を得て、生活する。
そこに新たな情熱とモチベーションを見いだすことができるはずです。


また、心が折れて倦怠に陥った時、それを解決する一番の策は
「続ける」ことだということも覚えておいてください。

「続けられない」事態に陥ったとき、「続ける」ことでそれは解決します。
日本語が成立していませんが、他に書きようがないのです。



MMORPGをプレイしている事は、社会人生活を送る上で
本来、決してマイナスになどなりません。
それどころか、むしろプラスに転換する事で
自分の中で仕事との良き相乗効果を作り上げられるはずです。

自分の中でも、色々と試行錯誤をして模索してみてください。
仕事とMMOと自分との間の、適正な距離感が掴めると思います。

そして、「頑張らない」で済む状況を作る為に、頑張ってください。


では、MMORPGと両立出来る良き社会人生活が送れる事を
心から願っております。

新社会人に幸あれ!
[ 2008/04/01 14:04 ] MMO Tips | TB(0) | CM(4)

「続けられない」事態に陥ったとき、「続ける」ことでそれは解決します。
一概には賛同しかねますが、大方その通りだと思います。
おじさんなかなか良い事書くのね。見直したわぁ
[ 2008/04/01 22:06 ] [ 編集 ]

センセー

仕事がMMOの場合はどーしたらいいですか(?^ω^)
[ 2008/04/02 06:48 ] [ 編集 ]

おじさんではありません、現役バリバリだ!
とは、ファブさんの名言だったかw

俺はまだ20代です…。

>フシチョへ
そんなむかつく顔文字はじめて見た
[ 2008/04/02 14:01 ] [ 編集 ]

ん?

呼んだか?
この頃老眼でw
[ 2008/04/03 16:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shotshell.blog34.fc2.com/tb.php/26-3c6bb8d2


ヴァンのクランサイト 第ニ弾クランPV 第一弾クランPV MMORPGを100倍楽しむTips






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ FC2ブログランキング ブログ検索 ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。