スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オニブラレポート 

【DarkEdenプレイ日記】

先週木曜日にアップされた『オニブラダンジョン』(アイセンダンジョン4)
について、今日はそのレポートを書きたいと思います。

・入場制限について
各種族24人という事で、当初は入るだけでも難しいのかなと
思ってましたが、実際はそんな事は無く、スムーズに入れました。
3つの鯖それぞれで人が別れているという事と、2時間おきに開かれる
という事で、あまり混雑はしていないようですね。
どうせクリア出来ないだろうとスルーしているプレイヤーも多いんでしょうか。
さらに、褒賞であるを「オニブラの背骨」を720個集めなければ
いけないという途方もない目標に、既に萎えてしまっている
プレイヤーも多いのかなと推測します。

とにかく、入場制限については、当面意識しなくとも良さそうです。



・入場後の展開
オニブラ入場後は、敵種族がいれば敵種族とのPvP。
敵種族が居ない場合は、チーフMOBや、ティポBOSSが大量に登場します。
特にモルゴスが10体近く沸いて、ATやプタをポンポン落とす様は圧巻で
最近の露店でのアイテム相場は、凄まじい下落を見せています。
正直、敵種族とのPvPよりも、この通称「モルゴス食い」の方が、実益が
大きいため、各種族ともそれぞれのサーバーへ別れて、モルゴス食いに
勤しむスタイルが、現在の主流と言っても良いかもしれません。



・対オニブラ戦
そして、「モルゴス食い」が終わると(本来はPvPが終わると)、いよいよ
オニブラとオニブラ専用MOB達の登場です。
MOBの強さ半端無いです、LV200近い近接ヴァンプのHPでも、夜は一撃で
瀕死になるような攻撃が、当たり前のように繰り出されてきます。
ただ、少しずつ釣りながら倒していったり、手に負えないMOBはMAPの端へ
捨ててくるという攻略をしていく事も可能で、最近のオニブラダンジョンは
面識の無いプレイヤー同士が、一般チャットで声を掛け合ったり
その場でPTを組んだりという光景が良く見れます。
さながら昔のバトリレアー攻略みたいですね。

オニブラ専用MOB達を何とか攻略し、最深部にたどり着くと
ボスであるオニブラが待ち構えています。
正面から行くと全滅必死の強敵ですが、ここも各自の役割
(攻撃、輸血、蘇生等)をしっかり決めて臨むことで攻略は可能です。
ただし、夜にオニブラとぶつかると、課金復活前提になるかもしれません。
当面は、昼にオニブラと戦えるような時間調整が必要ですね。



・対敵種族戦
自分が一番興味があったのが、このオニブラでのPvPです。
上の方では各鯖に別れて「モルゴス食い」に勤しむのが
現在の主流スタイルと書きましたが、このオニブラダンジョンは
3鯖もPvP仕様ですから、スレの根城である3鯖に殴りこみに行けば
当然PvPになります。

既にクランメンバー達で何度か体験してみましたが
狩場でのPvPと違い、お互いが万全の準備をして望むPvPという事で
独特の緊張感がありました。何せ負けたらオニブラとは戦えないという
実害も被るので、ガチンコ勝負です。
「トーナメントと同じ位の緊張感」というと言いすぎかもしれませんが
それでも、個人的には非常に面白く、このPvPに勝つためだけに
レベリングを頑張ろうと思えるほどでした。



・総評
オニブラでのPvPは非常に気に入っています。
あの緊張感は、種族戦争や狩場でのPvPでは中々味わえませんね。
ただし「モルゴス食い」を捨てる事にもなるので、人によっては
中々参加しにくいかもしれません。もっと自然に皆が参加できるように
する為には、モルゴス食いでは無く、本来のオニブラを倒した時の
褒賞に旨みが欲しいところ。
ただ、これについては、まだ「秘密の部屋」もありますから
何ともいえませんね。
案外、この「秘密の部屋」が定期的にオニブラダンジョンへ通う
モチベーションへ繋がるのかもしれません。


以上、些末ながら、蝿男のオニブラレポートでした。
スポンサーサイト
[ 2009/09/28 15:48 ] DarkEden | TB(0) | CM(0)
ヴァンのクランサイト 第ニ弾クランPV 第一弾クランPV MMORPGを100倍楽しむTips






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ FC2ブログランキング ブログ検索 ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。