スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラッド・ダイヤモンド 

ちょっと前の映画ですが。

ブラッド・ダイヤモンド 「ブラッド・ダイヤモンド」
 2006年 アメリカ
 監督:エドワード・ズウィック

 出演
 レオナルド・ディカプリオ
 ジェニファー・コネリー
 ジャイモン・フンスー

【あらすじ】
1990年代後半アフリカ・シエラレオネ共和国。
ダイヤの密売に手を染める元傭兵のアーチャーは
収監された刑務所で、巨大なピンクダイヤの噂を耳にする。
何としても、ピンクダイヤの在り処を突き止めたいアーチャーは
ダイヤ採掘場で働いていた男、ソロモンに近づくが・・・。

【感想】
アフリカ・シエラレオネで起こる政府と反政府組織(RUF)との紛争を背景に
一つのダイヤを巡る様々な人間達の思惑や、ドラマを描きます。
作品全体として、とても強い社会的メッセージを含んでいるのですが
それを上回るサスペンスフルな展開と、迫力あるアクションシーンで
「退屈さ」はまったく感じさせません。

ブラッド・ダイヤモンド

元傭兵で、ダイヤ密売人であるアーチャーを、ディカプリオが演じます。
自分の祖国に対して、強い憂いの気持ちを抱きながらも、日々を生きる為に
ダイヤ密売という犯罪に加担するアーチャー。

一方、RUF(反政府組織)に拉致され、採掘場での強制労働を強いられる
ソロモンは、家族第一主義で『お金より愛』が心情の良きパパです。
まあ実際は、良きパパというより、凶暴なパパという感じでしたが。(笑)

そして、アーチャーは大金を、ソロモンは家族で暮せる安住の地を求めて
ピンクダイヤを手に入れる為に手を組みます。
決して信頼し合っているわけではなく、お互いがメリットを感じているから
行動を共にするのですが、かといって絆がまったく無い訳でもない。
この二人の微妙な関係が、観ていて何とも面白いです。

正直、事あるごとにヒステリーを起こして叫びまくるソロモンよりは
終始冷静なアーチャーに、遂々感情移入してしまいましたが
この辺は、たぶん監督の狙いなんでしょう。

ブラッド・ダイヤモンド

当初、拝金主義のアーチャーを軽蔑する英国人ジャーナリストの
マディー(ジェニファー・コネリー)が、徐々にアーチャーに惹かれていく
ツンデレ感も良かったです。
戦場ジャーナリストという役柄上、ジェニファー・コネリーは
ほとんどノーメイクでこの役をやっていたみたいですが
見た目もかなりハマってました。

アフリカの少年兵の実態や、RUFの蛮行等
凄惨なシーンも数多いのですが、前述のような人間ドラマのおかげで
全体としては、とても『観やすい』作品になっていると思います。

この作品を観て、ディカプリオが好きになった人も多いんじゃないでしょうか。
(8.0点/10点)
スポンサーサイト
[ 2008/01/22 11:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
ヴァンのクランサイト 第ニ弾クランPV 第一弾クランPV MMORPGを100倍楽しむTips






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ FC2ブログランキング ブログ検索 ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。