スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラック・スネーク・モーン 

今日は最近見たDVDの感想を。

ブラック・スネーク・モーン 「ブラック・スネーク・モーン」
 2007年 アメリカ
 監督:グレイグ・ブリュワー

 出演
 サミュエル・L・ジャクソン
 クリスティーナ・リッチ
 ジャスティン・ティンバーレイク

【あらすじ】
自分の弟に妻を寝取られ、失意のどん底にいた男ラザラスは
ある日、道端で裸同然の姿で倒れている少女レイを発見する。
レイは町でも有名な"アバズレ"で、セックス依存症だった。
ラザラスはレイを更生させる為、鎖で縛りつけ軟禁するが・・・。

【感想】
予告編で、ぶっ飛びB級テイスト炸裂だったので観てみたのですが
予想外に、「普通」の良い映画でした。(笑)
主演のサミュエル・L・ジャクソンが、敬謙なクリスチャンでありながら
どこか粗野なブルースマン、ラザラスを好演しています。
鎖でつながれ、軟禁されるレイを演じるのは、あのクリスティーナ・リッチです。

ブラッド・ダイヤモンド

当初、ラザラスに対して警戒心むき出しのレイですが(そりゃそうだ)
いくつかのエピソードを通じて、徐々に心を通わせていきます。
しかし、物語の構成としては、2人が心を通わせるその過程は
ほどほどに描き、その後の、ラザラスとレイの「心の再生」に
スポットが当てられています。

正直、ラザラス自身も十分不安定で危なっかしい存在として
描かれており、特に物語序盤は、ラザラスの何をするかわからない
「怖さ」が上手く伝わってきます。
基本的には良い人なんですが、どこか狂信的で不安定なところがあって
かつ、そこが憎めない親父という感じ。
2人が初対面するシーンで、レイにセックス依存症の発作が
起きるのですが、そこで思わず聖書に手を伸ばすラザラスの驚きっぷりは
必見です。(笑)編集の妙もあって、個人的にツボりました。
このシーンに「ラザラス」というキャラクターの魅力が
集約されているように感じます。

物語終盤、レイよりも更に弱く不安定な存在として、レイの恋人
ロニーが登場します。そして、このロニーを支えて生きていく事で
レイが精神的に成長し、立ち直っていく様が描かれます。
自分より弱い人間を守るためなら、人は強くなれると言いますが
この辺は、正直、もう少しひねりが欲しかったかなと思いました。

ブラッド・ダイヤモンド

でも、全体的には心地良い秀作という感じで、観て損は無いと思います。
特にクリスティーナ・リッチが好きな人には必見と言えるでしょう。

最後に、自分はブルースには特に詳しくないのですが
ブルースに造詣の深い人の眼には、どう映る映画なのか
ちょっと気になりました。
(6.5点/10点)
スポンサーサイト
[ 2008/01/16 15:59 ] 映画 | TB(4) | CM(0)
ヴァンのクランサイト 第ニ弾クランPV 第一弾クランPV MMORPGを100倍楽しむTips






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ FC2ブログランキング ブログ検索 ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。