スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トゥモロー・ワールド 

昨日に引き続き、少し前に観たDVDの感想を。

ブラッド・ダイヤモンド 「トゥモロー・ワールド」
 2006年 イギリス・アメリカ合作
 監督:アルフォンソ・キュアロン

 出演
 クライヴ・オーウェン
 ジュリアン・ムーア
 マイケル・ケイン

【あらすじ】
西暦2027年、そこは18年間子供が一人も生まれていない絶望の世界。
英国エネルギー省に勤め、規則正しくも、無気力な日々を過ごすセオは
ある日突然、反政府組織に拉致され、ある計画に協力しろと迫られる。
反政府組織の首謀者は、かつての妻ジュリアン。
彼女の口から聞かされた、彼らの計画とは・・・。

【感想】
まず、最初に言っておきたいのですが、「トゥモロー・ワールド」という
タイトルから連想される、いかにも未来的な世界観や、CG表現は
この作品には一切ありません。
海外での原題は「Children of Men」(人類の子供たち)で
元々SF色を前面に押し出した作品では無いのですが、この邦題のおかげで
日本では勘違する人が続出してしまった、何とも気の毒な作品です。(笑)

「18年間子供が生まれていない」という現象についての
原因等はまったく語られません。
あえて原因部分を語らない事で、対抗策等も見つけようが無い
絶望的な事象であるという事と
「これを解決する事が登場人物達の目的では無い」
という作り手の誘導意図が明確に伝わってきます。

トゥモロー・ワールド

物語冒頭、「世界最年少の少年が殺された」というニュースに
世界中が落胆している様子が描かれますが、主人公のセオは
このニュースに特に興味を示す様子はありません。
そんなセオが、一連の出来事を通して徐々に心変わりしていく様子が
この物語の中核部分となっています。

そんな訳で、全編通して基本的にセオの視点で、
物語が展開していくのですが、この作品は、キャラクター達の
心の機敏表現がとても控え目なんです。
良く言えば「リアル」、悪く言えば「わかりにくい」(笑)
しかも、主演のクライヴ・オーウェンの演技が、いつにも増して暗いんで
この作品の世界に入り込むまでは、眠気さえ覚えるかもしれません。
しかし、あえてキャラクター達を淡々と捉える事で、作品全体に緊迫感と
何とも言えない「あの」重厚感を生み出す事に成功していたとも思います。

トゥモロー・ワールド

個人的には、世捨て人のピッピー役を演じるマイケル・ケインが
とても良かったです。
悩みや苦悩とは無縁と言わんばかりに、いつもおどけている彼が
時折、ほんの一瞬だけ垣間見せる真剣さが格好良かったですね。

物語の中盤と終盤の2回、話題となった「長回し」のシーンが出てきます。
「長回し」とは、一つのシーンをワンカットで表現する撮影手法の事です。

トゥモロー・ワールド

で、この「長回し」のシーンの緊迫感がホント半端無いです。
特に終盤の「長回し」は、走るセオの背後をカメラが付いて
撮影してるんですが、カメラのレンズに飛び散った砂埃や血もお構いなしで
爆煙や銃撃戦がそこら中で展開されます。
この映像体験は、時間にして7分程度だったと思いますが
ホントあっという間です。
特に洋物FPSが好きな人には、感涙物の映像だと思います。
実際は、CG技術を駆使して作られたシーンとの事ですが
違和感はまったく感じませんでした。

自分で書いといて何ですが、この作品は事あるごとに
「長回し」のシーンばかりクローズアップされるんですよ。(笑)
でも、実際に見てみると、決してそれだけの作品では無い事が
わかると思います。

等身大のキャラクター達が一生懸命に足掻く様が
なぜか、淡々とした語り口とは裏腹に、人間臭い感情を
見ている私達に感じさせてくれる気がします。

そして、観終わった後は感傷的になれる事請け合いです。
(7.0点/10点)
スポンサーサイト
[ 2008/01/23 15:03 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ブラッド・ダイヤモンド 

ちょっと前の映画ですが。

ブラッド・ダイヤモンド 「ブラッド・ダイヤモンド」
 2006年 アメリカ
 監督:エドワード・ズウィック

 出演
 レオナルド・ディカプリオ
 ジェニファー・コネリー
 ジャイモン・フンスー

【あらすじ】
1990年代後半アフリカ・シエラレオネ共和国。
ダイヤの密売に手を染める元傭兵のアーチャーは
収監された刑務所で、巨大なピンクダイヤの噂を耳にする。
何としても、ピンクダイヤの在り処を突き止めたいアーチャーは
ダイヤ採掘場で働いていた男、ソロモンに近づくが・・・。

【感想】
アフリカ・シエラレオネで起こる政府と反政府組織(RUF)との紛争を背景に
一つのダイヤを巡る様々な人間達の思惑や、ドラマを描きます。
作品全体として、とても強い社会的メッセージを含んでいるのですが
それを上回るサスペンスフルな展開と、迫力あるアクションシーンで
「退屈さ」はまったく感じさせません。

ブラッド・ダイヤモンド

元傭兵で、ダイヤ密売人であるアーチャーを、ディカプリオが演じます。
自分の祖国に対して、強い憂いの気持ちを抱きながらも、日々を生きる為に
ダイヤ密売という犯罪に加担するアーチャー。

一方、RUF(反政府組織)に拉致され、採掘場での強制労働を強いられる
ソロモンは、家族第一主義で『お金より愛』が心情の良きパパです。
まあ実際は、良きパパというより、凶暴なパパという感じでしたが。(笑)

そして、アーチャーは大金を、ソロモンは家族で暮せる安住の地を求めて
ピンクダイヤを手に入れる為に手を組みます。
決して信頼し合っているわけではなく、お互いがメリットを感じているから
行動を共にするのですが、かといって絆がまったく無い訳でもない。
この二人の微妙な関係が、観ていて何とも面白いです。

正直、事あるごとにヒステリーを起こして叫びまくるソロモンよりは
終始冷静なアーチャーに、遂々感情移入してしまいましたが
この辺は、たぶん監督の狙いなんでしょう。

ブラッド・ダイヤモンド

当初、拝金主義のアーチャーを軽蔑する英国人ジャーナリストの
マディー(ジェニファー・コネリー)が、徐々にアーチャーに惹かれていく
ツンデレ感も良かったです。
戦場ジャーナリストという役柄上、ジェニファー・コネリーは
ほとんどノーメイクでこの役をやっていたみたいですが
見た目もかなりハマってました。

アフリカの少年兵の実態や、RUFの蛮行等
凄惨なシーンも数多いのですが、前述のような人間ドラマのおかげで
全体としては、とても『観やすい』作品になっていると思います。

この作品を観て、ディカプリオが好きになった人も多いんじゃないでしょうか。
(8.0点/10点)
[ 2008/01/22 11:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ハリウッド実写版『ドラゴンボールZ』 

以前から話題になっていたハリウッド版『ドラゴンボールZ』ですが
なんと、既に今年の1月から撮影が始まっていたそうです。
何でも、2008年8月15日の公開を目指しているとか。
そんで、制作費はなんと1億ドル!。

ハリウッド大作映画の中でも、かなり上位の制作費です。
しかも有名俳優はほとんど出てないから、そのほとんどが特撮費用に
使われるのかも。

ちなみに、撮影風景はこちらからご覧頂けます。
ちゃんと亀仙流道着を着用してるところが微笑ましいですね。

なぜか、タイトルに『Z』と付いている割には、かなり初期の話になるそうで
ピラフとかピッコロ大魔王とか、そのへんみたいですね。


現在判明しているキャストは以下の通り。

Goku(悟空) ジャスティン・チャットウィン:『宇宙戦争』
Piccolo(ピッコロ) ジェームズ・マースター:TV『バフィー 恋する十字架』
ChiChi(チチ) ジェイミー・チャン:『ラッシュアワー3』
Mai(マイ) 田村英里子:『Heroes』第2シーズン
Yamcha(ヤムチャ) パク・チュニョン:K-POPユニット"god"出身
Bluma(ブルマ) エミー・ロッサム:『デイ・アフター・トゥモロー』
Master Roshi(亀仙人) チョウ・ユンファ: 『パイレーツ・オブ・カリビアン』

正直、顔と名前が一致するのがチョウ・ユンファ位しかいないですが
気になる人は、俳優名でググッてみて下さい。

更に、プロデューサーとして、予告編の方が本編よりも面白いという
『少林サッカー』、『カンフーハッスル』等でお馴染みのチャウ・シンチーが
参加するようです。
これを聞いて、なんとなくハリウッド版『ドランゴボールZ』の方向性が
見えた人もいるのではないでしょうか。
個人的にはなんとなく、『マトリックス』や『X-MEN』みたいな映画に
なるのかなぁと期待していたんですが、間違いなくそうはならなそうですね。
下手したらコメディー路線も有り得るのか?(原作にはそういう節もあるけど)

一応この話題は、私の興味が無くならない限りは
続報が入り次第お届けしたいと思います。


最後に、この『ドラゴンボールZ』を製作する20世紀FOXの
お偉いさんが言った興味深い発言を掲載します。

「今回の『ドランボールZ』は、監督が原作を忠実に再現するか?
又は利益追求で製作するかで、作品の内容が大きく異なってくるだろう。
そして、日本のファンにとっては、もしかしたら残念な結果になるかもしれない。」

なんというメリケン・・・。
[ 2008/01/21 19:56 ] 一般 | TB(0) | CM(2)

エンチャントについて 

DarkEdenプレイ日記】

最近、どうにもアイテムのエンチャント確立が悪いです。
以前は全能+1を10個エンチャすれば、最低でも2~3個は
成功していた気がしますが、最近はとんと・・・。
20個やって、1~2個くらいですね。

この状況を克服する為に、藁にもすがる思いで
仲間内で以下のような様々な縁起をかついでエンチャントしてます。

①論理思考型 「キャラクターの流れを読む」
エンチャントも乱数で行っている以上、必ずどこかで偏りがあります。
その偏りを先読みし、流れの良い時に一気にエンチャント!。
まあ、このくらいの縁起担ぎは誰でもやってるんじゃないでしょうか。

②ギャンブル型 「片っ端からエンチャント」
狩り場でアイテムをドロップする度に、片っ端からエンチャント。
どれだけ失敗を重ねてもへこたれない強靭な精神力と
学習能力の無さが必要とされるタイプです。
別名「漢型」とも呼ばれます。

③オカルトⅠ型 「とりあえずログアウトしてみる」
エンチャントを1回行うごとに毎回ログアウトしてみるタイプ。
何の根拠もありませんが、下手にこれで成功してしまうと
中々抜け出せない魔性の縁起担ぎでもあります。
ソウルチェーンが常に使えない事必至です。

④オカルトⅡ型 「調子の良い他人のキャラクター名を真似する」
あなたの仲間内でやけにエンチャントが成功する人はいませんか?
もしいるとしたら、それはキャラクターの名前の組み合わせが
ポイントかもしれません。
全角のみの名前か?半角+全角の名前か?漢字のみか?
一度真似してみる価値はあるかもしれませんが
ここまで行くとはっきり言って末期です。


以上となります。
あなたはいずれかのタイプに当てはまるでしょうか?
もし、どのタイプにも当てはまらない、または縁起担ぎなんて
気にしないという方は、どうぞそのままご自分の道を貫いて下さい。

きっと成功率はまったく変わらないと思いますので。
[ 2008/01/17 02:26 ] DarkEden | TB(0) | CM(0)

ブラック・スネーク・モーン 

今日は最近見たDVDの感想を。

ブラック・スネーク・モーン 「ブラック・スネーク・モーン」
 2007年 アメリカ
 監督:グレイグ・ブリュワー

 出演
 サミュエル・L・ジャクソン
 クリスティーナ・リッチ
 ジャスティン・ティンバーレイク

【あらすじ】
自分の弟に妻を寝取られ、失意のどん底にいた男ラザラスは
ある日、道端で裸同然の姿で倒れている少女レイを発見する。
レイは町でも有名な"アバズレ"で、セックス依存症だった。
ラザラスはレイを更生させる為、鎖で縛りつけ軟禁するが・・・。

【感想】
予告編で、ぶっ飛びB級テイスト炸裂だったので観てみたのですが
予想外に、「普通」の良い映画でした。(笑)
主演のサミュエル・L・ジャクソンが、敬謙なクリスチャンでありながら
どこか粗野なブルースマン、ラザラスを好演しています。
鎖でつながれ、軟禁されるレイを演じるのは、あのクリスティーナ・リッチです。

ブラッド・ダイヤモンド

当初、ラザラスに対して警戒心むき出しのレイですが(そりゃそうだ)
いくつかのエピソードを通じて、徐々に心を通わせていきます。
しかし、物語の構成としては、2人が心を通わせるその過程は
ほどほどに描き、その後の、ラザラスとレイの「心の再生」に
スポットが当てられています。

正直、ラザラス自身も十分不安定で危なっかしい存在として
描かれており、特に物語序盤は、ラザラスの何をするかわからない
「怖さ」が上手く伝わってきます。
基本的には良い人なんですが、どこか狂信的で不安定なところがあって
かつ、そこが憎めない親父という感じ。
2人が初対面するシーンで、レイにセックス依存症の発作が
起きるのですが、そこで思わず聖書に手を伸ばすラザラスの驚きっぷりは
必見です。(笑)編集の妙もあって、個人的にツボりました。
このシーンに「ラザラス」というキャラクターの魅力が
集約されているように感じます。

物語終盤、レイよりも更に弱く不安定な存在として、レイの恋人
ロニーが登場します。そして、このロニーを支えて生きていく事で
レイが精神的に成長し、立ち直っていく様が描かれます。
自分より弱い人間を守るためなら、人は強くなれると言いますが
この辺は、正直、もう少しひねりが欲しかったかなと思いました。

ブラッド・ダイヤモンド

でも、全体的には心地良い秀作という感じで、観て損は無いと思います。
特にクリスティーナ・リッチが好きな人には必見と言えるでしょう。

最後に、自分はブルースには特に詳しくないのですが
ブルースに造詣の深い人の眼には、どう映る映画なのか
ちょっと気になりました。
(6.5点/10点)
[ 2008/01/16 15:59 ] 映画 | TB(4) | CM(0)

ドットヴィネット 

みなさん、突然ですがこれ何だかわかりますか?



これは「ドットヴィネット」と言って、「ドット絵で食玩フィギュアを作る」という
コンセプトで製作された作品の一つです。
ちなみに上記の作品は映画「ロード・オブ・ザ・リング」の1シーンです。





他にもこんな物があります。








ネバーエンディング・ストーリーとか







スパイダーマンまで!





さらに!!











ラピュタの、あの名場面まで!!!


どの作品もセンスの良さに驚かされます。
「細部のどこを作りこむか?」がとても上手いですよね。

ここに紹介した以外にも、まだ多くの作品があります。
興味を持った方は、こちらのサイトを訪れてみて下さい。
パラダイムシフト




ちなみに、私とはまったく無関係のサイトです。
[ 2008/01/11 21:30 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

激闘、ジルドレレアー!! 

【DarkEdenプレイ日記】

昨日は、クランの仲間達とジルドレへ。

人の集まり具合を見て、うちのクランは空いてそうな2鯖へいきました。
ヴァンプは一人もおらず、他種族がちらほらおりましたが
そこはいつも通りの手はずで制圧・封鎖。
というか、自分達も7人しかいないくせに、相変わらず他種族排除を
実行する素敵で頭の悪い頼もしい仲間達。
「ホントにクリアできるのか?」と不安に駆られながらもレアー開始。


予想以上にキツかったです。
7人全員が近接ヴァンプだった事もあって、まず通常の赤MOB軍団に
手こずりました。次々と倒れていく仲間達と自分・・・。
輸血しあいながら、蘇生を繰り返し、かろうじてMOB軍団を
処理しましたが、残念ながらメンバーの1名はここで帰らぬ人に・・・・。


残された6人は、更に厳しいジルドレとの連戦へ。
MOB軍団で時間を使いすぎた為、ゲーム時間が夕方に差し掛かり
いつにも増して厳しい状況です。
そして、絶望的な状況で戦う私たちに更なる追い討ちが・・・。

当初は、誰もこのような激闘を予想していなかった為、皆適当な準備で
来たのか(自分も含めて)、なんと仲間達がここに来て次々と血清切れを
起こし始めたのです。


ここからがまさに正念場でした。

血清に多少余裕のあるメンバーが、血清を地面に落としてくれますが
到底、それですべてを賄えるはずがありません。
棺おけでの回復を併用しつつ、HP消費の少ないスキルで省エネの戦いを
強いられます。そして、ゲーム時間は夕方から夜に・・・。
ジルドレの回復量がこちらの与える総ダメージ量を上回りだしたので
すかさずバーストでたたみかけ、なんとか一度目のジルドレを撃破。

この時点でメンバーの誰もが満身創痍。
INTもいない6人PTで、血清もほぼ底をつき
普通に考えればクリアは不可能といえる状況でした。
しかし、欲深で煩悩の塊のような6人は決してあきらめようとしません。

一人が囮役になっている間に、他のメンバーがバースト溜め&棺おけ回復を
繰り返し、なんとか二度目のジルドレ、配下のヴァンプを撃破しました。
そして、いよいよ最後のジルドレです。


もはや、血清の切れた私達に長期戦は不可能ですから
ゲーム時間が昼になると同時に、ジルドレに向かって
6人で一斉にバーストで特攻しました。


次々と力尽きていく仲間達・・・。
一人、また一人と灰になり、残ったのは私を入れて3人。

そして遂に私も力尽きてしまいました・・・。


ジルドレのHPは残り3割ほどです。
灰となった私達は、残った2人の仲間を信じて勝利を祈るのみです。

そして遂に・・・。


仲間のHPを見ながら、もう駄目かと思ったその瞬間
ジルドレの断末魔がフロア中に響き渡りました。

「ぐああああああああああああああああああ!!!」



まさに、奇跡。





そして、戦いを終え、戦利品を確認すると
なんと自分のイベントリにザップが!
しかも・・・




黒ザップ+3!!!




激闘に勝利し、これ以上無い褒賞まで手に入れ
とても満足した一日でしたとさ。

[ 2008/01/10 13:03 ] DarkEden | TB(0) | CM(0)

ブログ始めました。 

みなさん、こんばんわ

ちょっと気紛れにブログを始めてみました。
当面は、現在プレイ中のMMORPG「DarkEden」の話題が
多くなると思います。

一応、日々感じた事や、興味を持った事なども書いていくつもりです。
暇を見つけては更新していこうと思ってますので、皆さんどうぞよろしく。

[ 2008/01/09 16:58 ] 一般 | TB(0) | CM(0)
ヴァンのクランサイト 第ニ弾クランPV 第一弾クランPV MMORPGを100倍楽しむTips






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ FC2ブログランキング ブログ検索 ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。